EPCLC溶出位置制御 精製クロマトグラフ
周辺機器

Smart Flash MSシステム

〜 マススペクトル検出中圧分取クロマトシステム 〜

送液ポンプ FLC-Qシリーズ
Smart Flash MSシステム

  • 順相分取クロマトでのMS測定を可能にしました。
  • MS/UVのどちらでも分画を可能にしました。
  • 分取イオンプローブでターゲットのわかりやすいスペクトルで検出します。
  • リアルタイムに試験管ごとのMSスペクトルを表示できます。
  • ESI及びAPCIのイオン化法の切替が可能で低極性~高極性の幅広い化合物に対応できます。
  • 専任管理者のいらない簡便で使いやすいMSシステムです。
  • 分子量(m/z)をトリガーにして分取することができます
  • EPCLCへの増設が可能です。

Smart Flashアプリ画面 MSデータ分析画面
Smart Flashアプリ画面 MSデータ分析画面

Smart Flash MSによる分取実例

分離実例につきましてはお問合せフォームよりご請求下さい。

アプリケーションNo. サンプル 使用カラム
1 非極性サンプル
@アントラセン
Aペリレン
Si
2 ペプチド
@z-Glu-Tyr-OH
Az-Gly-Phe
ODS
3 コーヒーからのカフェイン抽出
@カフェイン
ODS
4 フタル酸エステル類
@フタル酸ジブチル
Aフタル酸ジエチル
Bフタル酸ジメチル
Si
5 低分子化合物
@アニリン
Aクロロアニリン
Si
6 低分子化合物
@ジメチルアニリン
Aブロモアニリン
Si
7 ベンズアミド類
@エトキシベンズアミド
Aメトキシベンズアミド
Si
8 @カフェイン
Aハロペリドール
Si
9 @レセルピン
A3-メチル-7-プロピルキサンチン
Si
Smart Flashアプリ画面 MSデータ分析画面
Smart Flashアプリ画面 MSデータ分析画面

Smart Flash MSシステム(四重極型簡易質量分析器) 仕様

測定精度 (m/z) ±0.05
測定範囲 (m/z) 10−1,200
スキャン速度 (u/s) 5,000
イオン源 ESI および APCI
ポラリティ ポジティブ ・ ネガティブ  同時測定
分解能 0.5-0.7u
流速 10-500 μL/min
窒素ガス消費量 3-8 L/min (3-6 bar), 純度98%以上
ポンプ ターボ分子ポンプ
ロータリーポンプ(床上)
安定性 < 0.1 u (12時間以上)
SIM感度 10 pg レセルピン
5 μL 注入 (100 μL/min 時)
SN 比 100:1 (rms)
m/z 609 の SIM にて
プローブのタイプ 従来型のSS毛細管
加熱脱溶媒和 (heated desolvation)
重量 32 kg
外寸法
270 mm(幅) × 670 mm(高) × 550 mm(奥行)
電源 100V

topへ

山善株式会社